氷川町の景観設計に関する報告会を実施しました。(8/18)

2021.08.26 2021.08.26 15:39

令和3年8月18日(水)、昨年2月に結んだ包括協定に基づき氷川町から本校に依頼があった「県道156号線の景観設計」について、学生による研究結果と計画提案の報告会を実施しました。

このプロジェクトは、「景観設計演習」を受講する専攻科生産システム工学専攻の4名が取り組んできたもので、4回にわたるフィールドワークで氷川町職員と協働し、住民へのヒアリングも行ってきました。報告会では、その成果を副町長や町職員の前でプレゼンテーションしました。

この報告会に関する記事が、令和3年8月20日(金)付の熊本日日新聞に掲載されました。下記リンクより記事のPDFファイルを閲覧いただけますので、ぜひご覧ください。

熊本日日新聞(2021/8/20付16面)
県道沿いの景観 素敵に 氷川町が依頼 熊本高専生提言 (PDF:534KB)

※ 上記記事の著作権は熊本日日新聞社に帰属します。本ページ上での公開は、転載承認を受けて行っています。
※ 上記記事の転載は一切禁止します。