八代市厚生会館の価値を考える講演会・見学会を開催しました。(12/15)

2019.12.17 2020.01.06 08:58

令和元年12月15日(日)、八代市厚生会館にて「八代市厚生会館の価値とこれから」(主催:熊本高専建築社会デザイン工学科、共催:熊本県建築士会 八代支部青年部会、後援:公益財団法人熊本県建築士会) を開催し、52名の方にご参加いただきました。

この会は、別館が解体されたばかりの八代市厚生会館(設計:芦原義信建築設計研究所、1962年竣工)の建築的価値を、この機会に再度見直すことを目的に実施したものです。

当日は、建築社会デザイン工学科の学生4名が、建築士会のメンバーとともにスタッフを務めました。最初にやつしろハーモニーホールにて建築社会デザイン工学科の森山学教授による講演を行い、その後休館中の八代市厚生会館に移動し、見学会を行いました。

本件に関する記事が、2019/12/18付の熊本日日新聞に掲載されました。下記よりPDFファイルをダウンロードしてご覧いただけます。

熊本日日新聞 朝刊 (2019/12/18付12面)
厚生会館の価値探る 八代市 市民ら見学、講演会も (PDF:387KB)

※ 上記記事の本ページ上での公開は、転載承認を受けて行っています。
※ 上記記事の転載は一切禁止します。