その他 各種経済支援制度

申込条件は制度によって異なるため、下記で対象と記載されていても、全ての制度を利用できるわけではありません。必ず、各制度の申請条件等をよくご確認のうえで申請してください。

本科4~5年生・専攻科1~2年生 対象

希望する学生は、各キャンパス担当窓口 までお問い合わせください。

要件

学生の居住地又は当該学生の学資を負担している者の居住地又は勤務地が災害による被災に伴い災害救助法の適用を受けた場合であって、かつ、次のいずれかに該当する場合は、公的証明書等の提出により授業料を免除することができます。
ただし、災害救助法の適用を受けた日から1年以内に限り、原則として災害の発生した日の属する期又はその翌期を始点とした連続する2期のみが対象となります。

1. 学資負担者が死亡(行方不明を含む)した場合

2. 当該学生等の居住する家屋又は学資負担者の居住する家屋が半壊以上(床上浸水を含む)の被害を受けた場合

3. 学資負担者の勤務地が被災したことに伴う失職等により家計が急変した場合

申請手続き

該当する方は、以下の書類を提出してください。

1) 授業料免除申請書 (DOCX:17KB)(PDF:101KB)
※寮生の方は寄宿料の免除も受けることができますので、希望する場合は、通学区分「□寮生」にチェックし、「寄宿料」にも○印を付けてください。

2) 公的証明書(写)
学資負担者の死亡や風水害等の罹災、失職等の事実内容を証明する書類(写)

※免除申請書様式については、各キャンパス担当窓口にお問い合わせください。

※公的証明書については、発行に時間を要する等、提出が困難な場合は証明書の申請書類の写し、又は申立書等の提出をお願いします。証明書が発行されましたら速やかに提出をお願いします。

※「高等学校等就学支援金」制度又は「大学等における修学の支援に関する法律による授業料等減免」制度により授業料が支援される場合は、免除される金額は授業料の残額相当額となります。

※既に納付済みの授業料・寄宿料につきましては、免除決定後に還付します。

保護者の失職・倒産などの家計急変により世帯収入が激減した場合に、家計急変後の収入状況をもとに、「高等学校等就学支援金」に相当する額を支給するものです。

「高等学校等就学支援金」では前年の所得状況をもとに支給額が決定されますが、この「高等学校等家計急変支援金」では、前年ではなく減少後の収入で支給額を算出し、就学支援金支給額との差額を補填する形になります。

詳しくは以下のリーフレットをご覧ください。

申請手続き

上記リーフレットの「4.提出書類及び年収の推計について」に記載のある以下の書類を、家計が急変した翌月の10日までにご提出ください。

1) 高等学校等家計急変支援金受給資格認定申請書 (PDF:126KB)

2) 家計急変の発生事由を証明する書類
離職票、雇用保険受給資格者証、解雇通告書、破産宣告通知書、廃業等届出 等

3) 家計急変後の収入を証明する書類
再就職先の会社作成の給与見込、再就職先の直近の給与明細(3ヶ月分)、税理士又は公認会計士の作成した証明書類 等

4) 家計急変前の収入を証明する書類
就学支援金や学び直し支援金の申請時に使用した課税証明書 等

5) 保護者等の扶養親族の人数・年齢を確認するための 扶養親族を証明書する書類
扶養親族の健康保険証の写し、扶養親族の記載が省略されていない課税証明書 等

※被災により提出期限に間に合わない場合は、適時に申請がなされたものとして取扱いますので、取り急ぎ提出が遅れる旨を 各キャンパス担当窓口 へご連絡ください。

以下「奨学のための給付金」ご案内ページのうち、「家計急変の申請」の箇所をご確認ください。

担当(提出先)

熊本キャンパス

学生課 学生支援係
861-1102 合志市須屋2659-2
TEL: 096-242-6229

八代キャンパス

学務課 学生係
866-8501 八代市平山新町2627
TEL: 0965-53-1233