八代Bチームが高専ロボコン2019全国大会に参加し、技術賞を受賞しました。(11/24)

2019.11.29 2019.12.02 14:30

令和元年11月24日(日)、東京都の国技館にて、「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2019」全国大会が開催され、各地区大会で選抜された26チームがロボット製作および制御技術を競いました。

本校からは、九州沖縄地区大会で優勝した八代キャンパスBチームがベスト8まで勝ち進み、技術賞を受賞しました。応援してくださったみなさまに、お礼を申し上げます。

なお、全国大会の模様は、NHK総合にて12月29日(日) 10:05~10:59 に放映予定ですのでぜひご覧ください。

高専ロボコン2019競技テーマ「らん♪ RUN Laundry」 競技ルール

1チーム2台(手動・自動)のロボットが2分30秒の制限時間内でフィールドに設置された3本の物干し竿にTシャツ・バスタオル・シーツを干していきます。全国大会はトーナメント方式で、準々決勝からは干す洗濯物の枚数が変化します。

【外部サイト:NHK】 高専ロボコン
http://www.official-robocon.com/kosen/

八代キャンパスBチーム「洗匠(センタク)」:技術賞 受賞

時間内に全ての洗濯物を「美しく」干すことをコンセプトに、手動ロボットは洗濯物回収およびTシャツ・バスタオル干しを行い、自動ロボットはバスタオルと大きなシーツを干します。

1回戦は第5試合に登場、同じく全ての洗濯物を時間内に干すことができる明石高専と対戦し、今大会初めての満点決着による審査員判定となりました。両校とも前方から見ると大きな違いがないものの、美しさにこだわった本校は背面も美しく、判定で勝利しました。

続く2回戦も、都城高専に対して満点で勝利し、準々決勝へと進みました。

しかし、準々決勝での小山高専Bとの試合中、今までに発生したことがなかった回路の異常により自動ロボットがシーツを干すことができず、残念ながらベスト8での敗退となりました。

本チームは、本大会の2試合で見せた美しく洗濯物を干す技術の高さを認められ、八代キャンパス初となる全国大会での技術賞を頂くことができました。

これにより、八代キャンパス(旧 八代高専を含む)は、全国大会での七賞※コンプリート達成となりました。
※ 七賞:ロボコン大賞・優勝・準優勝・アイデア賞・技術賞・デザイン賞・アイデア倒れ賞

  • 2回戦(画面奥 青ゾーン)
  • 準々決勝

【関連記事】高専ロボコン2019九州沖縄地区大会に参加し、八代Bチームが優勝しました。(10/13)
https://kumamoto-nct.ac.jp/award/2019/10/20191018a/