「新・閃きイノベーション2020」発表会を開催しました。(4/23)

2021.05.06 2021.05.06 14:47

令和3年4月23日(金)、(一社)熊本県工業連合会と本校主催の「新・閃きイノベーション2020」の発表会を開催しました。

「新・閃きイノベーション」とは、平成22年から行ってきた「閃きイノベーション」を発展させた、「教育」+「地域」+「研究」の総合的な実践プログラムの一つで、平成29年度から実施しています。

従来のプログラムは、企業のもつ技術や特長を生かして新製品の提案を行うアイディアコンテストの形式でしたが、一歩進めて、企業で実際に問題になっている現実の課題の中から、本校の学生が解決できるものを選び、学生が授業の一環として、解決法を考え、プロトタイプの作製やシミュレーションを実際に行い、その結果を報告するという「社会実装型」に展開しています。

今回は、新型コロナウイルス感染症の影響のため、熊本キャンパス・八代キャンパスと遠隔参加者をWeb会議システムで接続したハイブリッド形式で実施し、機械知能システム工学科・建築社会デザイン工学科・生物化学システム工学科・情報通信エレクトロニクス工学科・電子情報システム工学専攻の学生ら14グループが発表を行いました。

本発表会へは出題企業7社・2団体を始め、(一社)熊本県工業連合会会員企業、本校学生、教職員など約150名が参加し、学生が提案するアイディアに対して活発な意見交換が行われました。

本件について、熊本日日新聞および八代市のWebサイトに関連記事が掲載されましたので、併せてご覧ください。

熊本日日新聞 (2021/4/24付18面)
新アプリや製品企業にプレゼン 熊本高専生 (PDF:340KB)

※ 記事の著作権は熊本日日新聞社に帰属します。本ページ上での公開は、転載承認を受けて行っています。転載は一切禁止します。

【外部サイト:八代市】「まちのわだい」学校で学ぶことができない貴重な経験 新・閃きイノベーション2020
https://www.city.yatsushiro.lg.jp/wadai/kiji00314792/index.html