令和元年度国立高等専門学校第5ブロック技術職員研修を実施しました。(8/28-30)

2019.09.06 2019.09.06 14:57

令和元年8月28日(水)から30日(金)までの3日間、八代キャンパスにて「令和元年度 国立高等専門学校 第5ブロック技術職員研修(建設系、建築系、化学・生物系)」を実施しました。この研修は、職務の遂行に必要な一般的知識、技術に関する専門的知識を習得し、技術職員としての資質向上を図ることを目的としています。

今年度は九州・沖縄地区の5高専から6名、本校から3名の計9名の技術職員が受講しました。期間中は、講義、技術課題発表、ものづくりアイデア交換会、施設見学等を行いました。

初日午後のものづくりアイデア交換会では、受講者が各高専から出展用品を持ち寄り、実演デモ等を通して、地域(小中学生向け連携理科授業等)への取組み等に関する情報交換を行いました。また、2日目には構造物見学、製造工程見学として、通潤橋及び酒造会社を見学し、研修での座学に加え実際に現地に赴くことで、より深い学びを目指しました。最終日の研究室見学は4~5人1組でローテーションを組み、本校の研究室、実験実習棟を見学し、本校の教員、学生による研究紹介や技術職員による実験設備の説明を受ける中、受講者は疑問を感じたことについて積極的に質問を行っていました。

実施後のアンケートでは、「講義がとてもおもしろく、また聴講したい」「他高専の技術職員と情報交換ができとても有意義だった」「他分野や他高専の取り組みを知ることができた」などの感想が寄せられました。