「種子島エアロスペーススクール2019」に参加しました。(3/25-29)

2019.04.10 2019.05.10 13:35

制御情報システム工学科2年の下石龍生さんが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)主催の、高校生対象「種子島エアロスペーススクール2019」に参加しました。

種子島エアロスペーススクールは、高校生を対象とした、チームで協力してミッションに取り組む宿泊型の体験プログラムで、今回は平成31年3月25日(月)~29日(金)に開催されました(4泊5日)。日本のロケット開発や種子島宇宙センターについて聴講した後、グループディスカッションを通して、モデルロケット作成や打ち上げ、RCC(総合指令棟)シミュレーション体験など貴重な体験をすることができました。

感想

エアロスペーススクール2019に参加して最も得たものは仲間でした。周りに同じ宇宙好きの友達がいなかった私は、「宇宙について語り合いたい」と思い応募しました。全国から集められた総勢24名はすぐに意気投合することができ、互いに刺激し合いながら5日間の短い期間で大きく成長することができました。なかには、既にロケットの開発を大学の教授と手を組んで行っていたり、缶サットに力を入れていて全国大会まで行っている人などすごい人ばかりで、自分も負けてはいられないという気になることができました。この経験を活かして、今後はハイブリットロケットと缶サットの研究開発を奨励研究などを活用しながら行っていきたいと思っています。