第5回廃炉創造ロボコンでイノベーション賞を受賞しました。(1/24)

2021.01.26 2021.02.02 11:42

令和3年1月24日(日)、第5回廃炉創造ロボコンが開催され、熊本キャンパスから1チーム3名の学生が参加しました。今年は新型コロナウイルスの影響でオンライン開催となったため、各チームがプレゼンテーションと実演の動画をアップロードし、その内容を審査するという形式で実施されました。

本校チームは6脚ロボットを開発し、配管の走破・凹凸のある地面の走破・段差の昇降・模擬デブリの回収など、一連のタスクをクリアすることができました。

審査の結果、イノベーション賞(公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構理事長賞)を受賞しました。受賞理由として、「他にはない画期的なクモ型ロボットを考え、コンパクトで完成度が高いロボットシステムでした。転覆復帰と姿勢制御にも優れており、プレゼンの説明も論理的であったことを評価しました。見ていて非常に楽しいロボットでした。」とのコメントをいただきました。

「第5回廃炉創造ロボコン」イノベーション賞

チーム名  地獄からの使者
ロボット名 ロボダーマッ!
メンバー  制御情報システム工学科5年 荒木駿佑、神崎修一、中村維冴
指導教員  加藤達也

なお、廃炉創造ロボコンの様子は、公式WebサイトやYouTubeでご覧いただけます。

【外部サイト:第5回廃炉創造ロボコン】
https://fdecomi.fukushima-nct.ac.jp/index.html

【外部サイト:YouTube】廃炉創造ロボコン公式チャネル
https://www.youtube.com/channel/UCBa8hWwCAo1zbdyPnMUCAXQ/featured

熊本日日新聞に、関連記事が掲載されました。下記リンクより記事のPDFファイルを閲覧いただけますので、ぜひご覧ください。

熊本日日新聞 (令和3年1月31日付16面)
まるでクモ 動き軽やか 「廃炉ロボコン」イノベーション賞 熊本高専 (PDF:529KB)

※ 上記新聞記事の著作権は熊本日日新聞社に帰属します。本ページ上での公開は、転載承認を受けて行っています。
※ 上記新聞記事の転載は一切禁止します。