紙漉きの里を歩くまちあるきのスタッフを務めました。(1/27)

2019.02.01 2019.02.04 09:41

2019年1月27日、本校教員や地域住民らでつくる八代宮地紙漉きの里を次世代につなぐ研究会が主催する「八代・宮地紙漉きの里、紙と水辺のくらしを歩く」に、建築社会デザイン工学科3年生の2名が、スタッフとして協力しました。

このまちあるきは宮地和紙の継承を目的に、八代市宮地地区にて毎年開催されています。今回はまちあるきに加え、紙漉き体験も行いました。学生は受付のほか、まちあるきや紙漉きの補佐役を務めました。