三つの方針

1.学科の教育上の目的

機械知能システム工学科は、「機械工学」を基本として、「電気・電子・制御・ 情報・通信システム」等の幅広い技術分野にも対応しながら、様々な生産活動の場において総合エンジニアとして「モノづくり」に貢献できる技術者の育成を目的とする。

2.「三つの方針」 (機械知能システム工学科)

I.ディプロマ・ポリシー (卒業認定の方針)

機械知能システム工学科では、育成する人材像(準学士課程)および学科の教育上の目的に基づき、以下のような能力を身につけ、かつ所定の授業を履修して卒業に必要な単位を修得した学生に対して、卒業を認定する。

(D1) 日本語および英語のコミュニケーション能力

(D2) ICTに関する基本的技術および工学への応用技術

(D3) 機械および電気電子分野における技術の基礎となる知識と技能およびその分野の専門技術に関する知識と能力を持ち、複眼的な視点から問題を解決する能力

(D4) 知徳体の調和した人間性および社会性・協調性

(D5) 広い視野と技術のあり方に対する倫理観

(D6) 知的探求心を持ち、主体的、創造的に問題に取り組むことができる能力

II.カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施方針)

II-1. 学科共通のカリキュラム・ポリシー

基礎的な知識・能力、各専門分野における知識・能力及び実践的な力を育成するために、分野共通科目、各専門科目を開設しています。専門科目は入学時から少しずつ学習内容が充実する楔形に配置しています。

主体的・継続的に学習する力を育成するため、課題等に取り組む時間を含めた学習内容の設計をおこなっています。

[共通科目]

  • 専門工学の基礎となる数学・自然科学科目を開講しています。
  • 知・徳・体の調和した人間性・社会性・協調性及び倫理観の育成のために人文・社会系科目及び総合科目を開講しています。
  • グローバル・エンジニアとして活躍するための語学、コミュニケーション科目を開講しています。
  • 問題解決に向けて主体的、創造的に取り組むための能力を開発するために、思考力、応用力、チームワークやリーダーシップなどの分野横断的能力を開発する科目(リベラルアーツ系科目)を開講しています。

[キャリア教育]

  • 社会に貢献できる技術者を目指すとともに、自分自身の生き方を設計、実現するために必要な学びをおこなうための科目を開設しています。
  • 入学から卒業に向け、各段階のキャリアプランを自ら考え、設計するための学習機会を設けています。
II-2. 機械知能システム工学科のカリキュラム・ポリシー

(1) 機械知能システム工学科のカリキュラムの特徴

私たちが日常使っている家電製品から、自動車・航空機、さらには人工衛星まで、現代の機械類の多くは、多数の機械部品とそれを正確にコントロールする電子制御部品の組み合わせで出来ている。機械知能システム工学科は、「機械工学」を基本として、「電気・電子・制御・情報・通信システム」等の幅広い技術分野にも対応しながら、様々な生産活動の場において総合エンジニアとして「モノづくり」に貢献できる技術者の育成を目的とする。

(2) 専門知識の習得

授業では、設計製造のための基盤である機械設計製図、材料力学や工作・加工法から、機械システム等の基本となる熱や流体の力学や機械力学、エネルギー工学、計算力学、さらには、情報処理系科目や電気電子回路、計測工学、電気磁気学、メカトロニクスなど、現代の複合的な科学技術に沿って多様な専門科目を学ぶ。

(3) 専門技能の習得

ものづくり実習で機械加工や工作方法を、製図基礎や機械設計製図で、3DCAD を用いた3次元モデリングによる実際の製品設計での方法論の理解と習得を目指す。また、4 年の課題研究、5 年の卒業研究では、実験や開発を行う過程で、様々な実験装置の扱いや、測定、分析の手法について学ぶ。

(4) 問題発見・解決力、課題設定・達成力、協働力などの習得

1、2年生のものづくり実習I、II ではグループでの作業を通して協働力を、リベラルアーツ実践、3年の機械知能システム工学実験では、課題設定・達成力、問題発見・解決力の基礎を養い、4年の課題研究、5年の卒業研究で段階的にこれらの能力をさらに高いレベルまで育てるカリキュラムとなっている。

III.アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

III-1 準学士課程 (本科) のアドミッション・ポリシー

III-2 4年次編入のアドミッション・ポリシー