三つの方針

1.学科の教育上の目的

情報通信エレクトロニクス工学科は、情報通信とエレクトロニクスの専門技術とともに両者を融合した技術を身に付け、情報通信とエレクトロニクスに対する高度化、多様化したニーズに応えられる技術者の育成を目的とする。

2.「三つの方針」 (情報通信エレクトロニクス工学科)

I.ディプロマ・ポリシー (卒業認定の方針)

情報通信エレクトロニクス工学科では、育成する人材像 (準学士課程) および学科の教育上の目的に基づき、以下のような能力を身につけ、かつ所定の授業を履修して卒業に必要な単位を修得した学生に対して、卒業を認定する。

(D1) 日本語および英語のコミュニケーション能力

(D2) ICTに関する基本的技術および工学への応用技術

(D3) 情報通信工学およびエレクトロニクス分野における技術の基礎となる知識と技能およびその分野の専門技術に関する知識と能力を持ち、複眼的な視点から問題を解決する能力

(D4) 知徳体の調和した人間性および社会性・協調性

(D5) 広い視野と技術のあり方に対する倫理観

(D6) 知的探求心を持ち、主体的、創造的に問題に取り組むことができる能力

II.カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施方針)

II-1. 学科共通のカリキュラム・ポリシー

基礎的な知識・能力、各専門分野における知識・能力及び実践的な力を育成するために、分野共通科目、各専門科目を開設しています。専門科目は入学時から少しずつ学習内容が充実する楔形に配置しています。

主体的・継続的に学習する力を育成するため、課題等に取り組む時間を含めた学習内容の設計をおこなっています。

[共通科目]

  • 専門工学の基礎となる数学・自然科学科目を開講しています。
  • 知・徳・体の調和した人間性・社会性・協調性及び倫理観の育成のために人文・社会系科目及び総合科目を開講しています。
  • グローバル・エンジニアとして活躍するための語学、コミュニケーション科目を開講しています。
  • 問題解決に向けて主体的、創造的に取り組むための能力を開発するために、思考力、応用力、チームワークやリーダーシップなどの分野横断的能力を開発する科目(リベラルアーツ系科目)を開講しています。

[キャリア教育]

  • 社会に貢献できる技術者を目指すとともに、自分自身の生き方を設計、実現するために必要な学びをおこなうための科目を開設しています。
  • 入学から卒業に向け、各段階のキャリアプランを自ら考え、設計するための学習機会を設けています。
II-2. 情報通信エレクトロニクス工学科のカリキュラム・ポリシー

(1) 情報通信エレクトロニクス工学科のカリキュラムの特徴

  • ICT(情報通信工学)およびエレクトロニクス(電子工学)における知識を習得できるよう、基本的技術および、工学への応用技術・理論を理解するための座学系科目を開設しています。
  • これらの専門知識を活用するスキル・能力を習得できるよう、実験・実習系科目を開設しています。
  • 社会の課題に対して好奇心と探求心を持ち、専門分野の知識を活かして主体的、創造的、継続的に協働して解決に取り組む能力を育むための科目を開設しています。

(2) 専門知識の習得

ICT およびエレクトロニクスの基礎を習得するために、基礎電気学、プログラミングなどの科目を開設しています。更に高度な専門知識習得のために、ICT 系の科目として、電磁波工学、信号伝送学、ネットワーク工学、プログラミング応用など、エレクトロニクス系の科目として、電子工学、半導体プロセスなどを開設しています。

(3) 専門技能の習得

ICT およびエレクトロニクスの専門知識を活用できるスキル・能力を習得するために、電子通信工学基礎、電子通信工学演習、電子通信工学実験などの実験・実習系科目を開設しています。その他の講義科目においてもPC や各種ツールを積極的に活用して講義と一体化した実験・演習を取り入れています。

(4) 問題発見・解決力、課題設定・達成力、協働力などの習得

電子通信工学実験の中で、企業や地域および自治体が抱えている課題を解決するPBL(課題解決型学習)を取り入れるとともに、リベラルアーツ実践や卒業研究などの科目を通して、好奇心と探求心を持って、専門分野の知識を活かして主体的、創造的、継続的に協働して問題解決に取り組む能力を育めるようにしています。

III.アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

III-1 準学士課程 (本科) のアドミッション・ポリシー

III-2 4年次編入のアドミッション・ポリシー