三つの方針

1.学科の教育上の目的

建築社会デザイン工学科は、建築学の専門基礎技術に、土木工学、情報通信技術、計測技術を加え、自然環境、防災、文化、歴史に配慮し持続可能な社会の実現をめざす、建設構造物の設計・施工、地域づくりやまちづくりに貢献できる技術者の育成を目的とする。

2.「三つの方針」 (建築社会デザイン工学科)

I.ディプロマ・ポリシー (卒業認定の方針)

建築社会デザイン工学科では、育成する人材像(準学士課程)および学科の教育上の目的に基づき、以下の能力を身につけ、かつ所定の授業を履修して卒業に必要な単位を修得した学生に対して、卒業を認定する。

(D1) 日本語および英語のコミュニケーション能力

(D2) ICTに関する基本的技術および工学への応用技術

(D3) 建築および土木分野における技術の基礎となる知識と技能およびその分野の専門技術に関する知識と能力を持ち、複眼的な視点から問題を解決する能力

(D4) 知徳体の調和した人間性および社会性・協調性

(D5) 広い視野と技術のあり方に対する倫理観

(D6) 知的探求心を持ち、主体的、創造的に問題に取り組むことができる能力

II.カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施方針)

II-1. 学科共通のカリキュラム・ポリシー

基礎的な知識・能力、各専門分野における知識・能力及び実践的な力を育成するために、分野共通科目、各専門科目を開設しています。専門科目は入学時から少しずつ学習内容が充実する楔形に配置しています。

主体的・継続的に学習する力を育成するため、課題等に取り組む時間を含めた学習内容の設計をおこなっています。

[共通科目]

  • 専門工学の基礎となる数学・自然科学科目を開講しています。
  • 知・徳・体の調和した人間性・社会性・協調性及び倫理観の育成のために人文・社会系科目及び総合科目を開講しています。
  • グローバル・エンジニアとして活躍するための語学、コミュニケーション科目を開講しています。
  • 問題解決に向けて主体的、創造的に取り組むための能力を開発するために、思考力、応用力、チームワークやリーダーシップなどの分野横断的能力を開発する科目(リベラルアーツ系科目)を開講しています。

[キャリア教育]

  • 社会に貢献できる技術者を目指すとともに、自分自身の生き方を設計、実現するために必要な学びをおこなうための科目を開設しています。
  • 入学から卒業に向け、各段階のキャリアプランを自ら考え、設計するための学習機会を設けています。
II-2. 建築社会デザイン工学科のカリキュラム・ポリシー

(1) 建築社会デザイン工学科のカリキュラムの特徴

  • 建築学を中心に、土木工学、専門に関わるICT 技術、英語、数学、物理の科目を開講しています。
  • 自然環境、防災、文化と歴史、暮らしに配慮でき、持続可能な社会の実現に貢献できる視野を育てる科目を開講しています。
  • 専門知識を検証して身につけると同時に、グループワークにより協調性を育成する実験・演習科目を開講しています。
  • 地域でのフィールドワーク、協働、プレゼンテーションを通じ、実践的に創造するプロジェクト科目を開講しています。
  • 建築士、測量士補の取得条件を満たすカリキュラムを構成しています。

(2) 専門知識の習得

専門知識を習得する科目として以下を開講しています。

  • 建設材料、構造力学、施工法といった構造系の科目
  • 都市計画、建築計画、建築史といった計画系の科目
  • 都市環境工学、建築環境工学、建築設備といった環境系の科目
  • 土質力学、水理学、防災工学といった土木系の科目
  • 情報基礎、応用数学、技術英語といった専門基礎科目

(3) 専門技能の習得

  • 基礎製図、創造演習、CAD 演習により製図、模型制作の技術を習得します。
  • 測量学及び同実習、地形情報処理により計測技術を習得します。
  • 建築社会工学実験により材料、構造、環境の実験、データ収集・分析の技術を習得します。
  • 設計製図、建築設計演習により建築設計技術を習得します。

(4) 問題発見・解決力、課題設定・達成力、協働力などの習得

  • 実験・演習科目ではグループワークにより協働力を習得します。
  • 建築設計演習ではフィールドワークによる特性や問題の発見力、他者の思いを汲む力、創造的な解決力、プレゼンテーション力を実践的に習得します。
  • 実践プロジェクト、課題研究、卒業研究では、課題設定やその解決力、それに伴う自己管理、論理的思考などを総合的に習得します。
  • 進路セミナーやインターンシップでは、キャリアデザインを行います。

III.アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

III-1 準学士課程 (本科) のアドミッション・ポリシー

III-2 4年次編入のアドミッション・ポリシー