三つの方針

1.専攻科の教育目標

専攻科は、高等専門学校における教育の基礎の上に、精深な程度において工業に関する高度な専門的知識および技術を教授研究し、もって広く産業の発展に寄与する人材を育成することを目的とする。

2.生産システム工学専攻の「三つの方針」

I.ディプロマ・ポリシー

準学士課程における機械知能系・建築社会デザイン系・生物化学系の何れかの複合型専門を基礎として、モノづくりの基礎をデザインしこれを展開して、国際的な視点に立ったイノベーション創成を担うことのできる高度な開発技術者及び地域産業の発展に貢献できる技術者を育成するため、本校に在籍し、以下のような能力を身に付け、所定の単位を修得した学生に対して、修了を認定する。

(D1) 日本語および英語のコミュニケーション能力を有し、国際的に活躍できる能力

(D2) ICTに関する基本的技術および工学への応用技術

(D3) 多分野における技術の基礎となる知識と技能、およびその分野の専門技術に関する高度な知識と能力を持ち、複眼的な視点から問題を解決し、産業技術分野への活用を実践できる能力

(D4) 知徳体の調和した人間性および社会性・協調性

(D5) 広い視野と技術のあり方に対する倫理観と、社会への貢献意識

(D6) 知的探求心を持ち、問題解決へ向けて主体的、創造的に取り組むことができる能力

II.カリキュラム・ポリシー

(1) 生産システム工学専攻のカリキュラムの特徴

生産システム工学専攻は、複眼的な視点から技術を理解し、実践の場において、地域・社会のニーズに応え、アイデアを実現できる能力を備えた技術者の育成を目的としたカリキュラム構成となっています。ディプロマ・ポリシーに定めた六つの能力を学修するため、総合基盤、コミュニケーション、自然科学、基礎工学、実験研究の科目群から成る共通の必修科目、機械工学と電気電子工学を融合した機械知能系、建築学と土木工学を融合した建築・土木系、生物工学と応用化学を融合した生物・化学系のそれぞれの専門分野に属する複合型専門選択科目、ICT系や共同教育の科目群から成る選択科目を配置しています。

(2) 専門知識の習得

必修科目では、自然科学系科目として「応用解析」、「物理化学」など、情報技術科目として「応用情報科学」、「データマイニング概論」など、基礎工学科目として「計算応用力学」、「複合材料工学」などを開設しています。また、専門領域の実践力を深めるために、機械工学・電気電子工学、建築学・土木工学、生物工学・応用化学の六つの専門分野に関係する専門選択科目を開設しています。さらに得意とする専門分野の知識や技術を活かしながら創成能力やエンジニアリングデザイン能力を修得するために、「創成実践技術」、「生産デザイン論」などの科目を開設しています。

(3) 専門技能の習得

「生産システム工学実験」では、機械、電気電子、土木、建築、生物、応用化学の6分野から自ら専門とする複合工学に関する実験とその他の分野の実験を横断的に行うことにより、モノづくりの現場で必要となる専門分野に跨がった各種計測技術と応用力を習得します。また、それぞれの専門分野における解析、設計、分析等の実務で必要な実践的技術やプログラミング、情報通信等のICT関連技術を習得します。

(4) 問題発見・解決力、課題設定・達成力、協働力などの習得

専門の枠を超えて、得意とする専門工学の知識や技術を活かしながら、必ずしも一つの解のみが存在するとは限らない工学的問題や、発展的な研究課題の解決に有効な手段を与える周辺分野の知識や技術を習得できるようなPBL科目を開設しています。生産への工学的応用へ繋ぐことのできる複合工学における実践的技術力の養成を図っています。

III.アドミッション・ポリシー

学士課程(専攻科)のアドミッション・ポリシー