三つの方針

1.専攻科の教育目標

専攻科は、高等専門学校における教育の基礎の上に、精深な程度において工業に関する高度な専門的知識および技術を教授研究し、もって広く産業の発展に寄与する人材を育成することを目的とする。

2.電子情報システム工学専攻の「三つの方針」

I.ディプロマ・ポリシー

電子情報システム工学専攻は、電子情報技術および応用技術の高度化・グローバル化に対応して、電子情報系の専門知識・技術とコミュニケーション力を身に付け、複合領域にも対応できる幅広い視野と柔軟な創造力を備え、かつ健全な精神を持った広く産業の発展に貢献し国際的にも活躍できる技術者を育成するために、本校に在籍し、以下のような能力を身に付け、所定の単位を修得した学生に対して、修了を認定する。

(D1) 日本語および英語のコミュニケーション能力を有し、国際的に活躍できる能力

(D2) ICTに関する基本的技術および工学への応用技術

(D3) 多分野における技術の基礎となる知識と技能、およびその分野の専門技術に関する高度な知識と能力を持ち、複眼的な視点から問題を解決し、産業技術分野への活用を実践できる能力

(D4) 知徳体の調和した人間性および社会性・協調性

(D5) 広い視野と技術のあり方に対する倫理観と、社会への貢献意識

(D6) 知的探求心を持ち、問題解決へ向けて主体的、創造的に取り組むことができる能力

II.カリキュラム・ポリシー

(1) 電子情報システム工学専攻のカリキュラムの特徴

電子情報システム工学専攻は、電子情報技術及び応用技術の高度化・グローバル化に対応して、電子情報系の専門知識・技術とコミュニケーション力を身につけ、複合領域にも対応できる幅広い視野と柔軟な創造力を備え、かつ健全な精神を持った広く産業の発展に貢献し国際的にも活躍できる技術者の育成を目的としたカリキュラム構成となっています。

(2) 専門知識の習得

電子・情報・制御系の基礎となる「ディジタル電子回路学」や「データサイエンス」などの専門基盤群を配置し、その応用選択科目群として「集積回路工学」や「マルチメディア工学」などの電子通信系科目群と「ロボット工学特論」などの制御情報系科目群を設けています。さらに、エンジニアリングデザインの素養を身に付け創造性を育むデザイン能力育成科目として「創成技術デザイン実習Ⅰ、Ⅱ」、最新のAI、ICT技術に対応するために「知能情報処理」や「情報セキュリティ特論」などの科目を導入しており、Society 5.0 に対応できる高度な実践的技術力の養成を目指しています。

(3) 専門技能の習得

ものづくりを通して、創造性・デザイン力・チームワーク力を養います。新しい商品や技術の開発には創造力と実現力が欠かせません。「創成技術デザイン実習Ⅰ、Ⅱ」では、問題発見・課題探求から解決のためのアイデア創出、制約の下での企画や行程計画など、エンジニアリングデザインについての基本を理解し、グループワークによる実践実習を行います。自ら設計を行い実際に「もの」を製作する中で、部品の選定、工作・加工、途中で生じる問題をいかに解決するかを学びます。これらの経験を通して、「ものづくり」に関する一連の流れ、様々な要素技術、知識を習得します。

(4) 問題発見・解決力、課題設定・達成力、協働力などの習得

解が一つでない問題に対する論理的な思考・発想および分析の手法を理解し、問題の分析、課題の理解、発想の提案を実際の身近な問題に応用できることを目指しています。制約のある具体的な問題について、調査・課題探究・アイデア発想・計画立案・試作など解決のための一連のデザインプロセスをチームで効率的に実践できるように科目を設計しています。

III.アドミッション・ポリシー

学士課程(専攻科)のアドミッション・ポリシー